勤怠管理とは何か

勤怠管理とは、企業の人事を扱う時に必要不可欠なシステムです。
勤怠管理がしっかりとしていなければ、従業員たちの就業状況を
把握することができませんし、それによって給与を出したり、
有給休暇を管理したりすることもできなくなってくるでしょう。

勤怠管理とは、企業の社員の出退勤、欠勤などの状況をきちんと把握して、勤務時間を遵守しているかどうかを管理することです。
従来の方法では、タイムカードを用いて出勤時刻や退勤時刻を記録したり、
自己申告によって出退勤時間を報告するという企業もあります。

勤怠管理というのは、ただ単に社員の出勤の状況を把握するだけではありません。
たとえば、残業した場合に、どれだけの時間を残業したのかを確認することもできます。
それによって、残業代を計算できるのです。

また、有給休暇をどれだけ消化しているのかをチェックする際にも、
勤怠管理システムは使われます。
そのようなことから、勤怠管理がなければ、社員の勤務状況が把握できず、
給料の支払いなどができなくなってくるというわけなのです。

勤怠システムの進化

以前は、出社した際にタイムカードを押すというシステムが主流でしたが、最近では
タイムカードの代わりに、勤怠管理システムというものを導入する企業も増えてきました。
個人を識別するためのICカードを用意して、
それによって社員の出勤や退勤状況がわかるようになってきました。
今は多くの人たちはICチップが組み込まれた社員証を持っているので、
それを勤怠管理システムと一体化させて、
それによって、勤務状況をオンラインなどで管理できるようになったのです。

また、ICカードの代わりに、指紋認証などのシステムを導入している企業もあります。
タイムカードを使っていた時には人事担当者が、
ひとりひとりのタイムカードをいちいちチェックして、手動で計算をして、
その人の出勤状況を把握しなくてはなりませんでした。
しかし、システムの導入によって、
すべての社員の管理を一元化することができるようになります。
わざわざ残業時間をはじき出したり、欠勤状況を調べたりすることなく、
自動的にすべての計算ができるようになったので、作業効率も大幅にアップするでしょう。

そういったメリットがとても大きいので、最近ではこういった勤怠管理システムを
取り入れる企業が増えてきたのです。特に社員数やアルバイトやパートタイマーといった
従業員が多い場合には、このシステムは有効的に機能します。